明石高専

都市システム工学科トップバー

新着情報

一覧を見る

2018.04.10
明石市内の公園の里山整備
2018.04.09
本科の留学生がロータリー米山記念奨学生に採択
2018.04.05
構造工学と橋梁工学に関する日台ワークショップへの教員の参加
2018.03.23
JR西日本あんしん社会財団 平成30年度公募助成に採択されました
2018.03.15
H29年度西宮えびす福男プロジェクトの報告

学科案内

環境と防災をキーワードに、地球環境保全と文化的な都市の創造を担う世界標準の技術者を育成する学科です。都市システム工学科を卒業した技術者は、道路・河川堤防・橋・港などの建設や都市計画・まちづくりなど、社会基盤整備に欠かせない人材として世界中で活躍しています。

3つの力学 都市システム学科では、構造力学・水理学・地盤工学の3つの力学が基礎となります。橋など構造物に影響する力、土の性質や強さ、水の流れについて学びます。
材料 コンクリートや鉄など、都市を構成する材料の性質について学びます。構造物を造るための最適な材料を選び、さらに環境に配慮した新しい材料を開発します。
計画 快適で機能的なまちづくりを目指して、安全・安心で活力ある都市を造る都市計画や、ひとびとが移動しやすい便利な都市を造る交通計画を学びます。
防災 自然災害から都市を守るために強い構造物を造り、人と人とのつながりを大切にすることで、より早く復旧・復興できる都市をつくるための技術を学びます。
環境 人間の経済活動が、生態系や環境へ与える影響を調べて評価する方法を学び、失われた自然環境の復元や、新たな環境を創造する技術を身につけます。