機械工学科

学習・教育到達目標

A.共生に配慮できる豊かな人間性
 豊かな人間性が自然や社会との共生の原点であることを認識し、幅広い教養の醸成に努める技術者
B.国際性と指導力
 人道主義を基礎とした国際交流の経験と国際・地域情勢への高い関心を持ち、地球的視野で共生に配慮した思考ができる国際性とたくましい指導力を有する技術者
C.技術者倫理
 この世に「もの」を生み出す専門的職業人として、自己の技術行為に確固たる責任を持ち、人々が自然や社会と共生して安全かつ快適な生活を営めるように努める技術者
D.基礎学力と自主的・継続的学習能力
 数学・自然科学・情報技術及び機械工学の幅広い基礎知識を有し、自己の能力を高め、技術的背景を広るため、自主的・継続的に学習できる技術者
E.コミュニケーション能力
 日本語による効果的な意思疎通(コミュニケーション)能力を高めると共に、英語によるコミュニケーョンの基礎能力を身につけ、技術者集団の一人として協調的に貢献できる技術者
F.柔軟かつ創造的な設計能力
 実践を重視した「ものづくり教育」を基礎に、柔軟かつ創造的な姿勢で基礎的な学識を総合化し、システム単体機械、機械要素の設計が効果的にできる技術者
G.実践的な問題解決能力
 機械工学的諸問題に対して、基礎的学識や実践的経験などを総合的に用いた解決プロセス(問題探索-基本原理の適用-モデル構築-ツール選択-結果の評価)を適用できる技術者
H.多次元的なシステム思考
 機械工学を最も得意とする分野とし、かつ広く関連分野の知識を持った複眼的視野に基づき、自然や社会との共生に配慮した多次元的なシステム思考のできる技術者