明石高専

機械工学科トップバー

本校教員・学生が2017年度日本熱物性学会賞論文賞を受賞しました

2017年11月に産業技術総合研究所(つくば市)で開催された第38回熱物性シンポジウム総会において、2017年度日本熱物性学会賞が発表され、機械工学科・藤原教授・田中准教授・前川龍之介君(平成28年度卒業)を含む共著論文が論文賞を受賞しました。

日本熱物性学会賞論文賞論文賞(Best Paper Award of the JSTP)は最近2年間(2015年8月~2017年7月)に、「熱物性」、あるいは日本熱物性シンポジウム講演論文集、アジア熱物性会議論文集のいずれかに掲載された優秀な論文を対象とするものであり、下記の共著論文が受賞しました。

題目:非定常短細線加熱法と磁気アルキメデス効果を用いた卵白リゾチーム結晶の熱伝導率と熱拡散率の同時測定
著者:大阪大谷大学 薬学部 薬学科 助教 牧祥
   明石工業高等専門学校 機械工学科 教授 藤原誠之
   明石工業高等専門学校 機械工学科(H28年度卒業生) 前川龍之介
   明石工業高等専門学校 機械工学科 准教授 田中誠一
   大阪大学 大学院理学研究科 教授 萩原政幸
掲載誌:「熱物性」, 30巻 (2016), 3号, p.131-139