明石高専

グローバル事業トップバー

「WWLコンソーシアム構築推進事業」参画のお知らせ

文部科学省が2019年より開始したWWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業につき、本校は、立命館宇治高等学校を拠点とする「イノベーティブなグローバル人材を目指す教育システムの開発」構想の事業連携校として参画することになりましたのでお知らせします。

学生が将来グローバルエンジニアとして活躍するため、拠点校および他の国内外の事業連携校や協働機関と連携し、本校単独ではできないような新しい学びの機会や環境を提供していきます。

WWLとは、Society5.0の時代に向けて、イノベーティブなグローバル人材を育成するため、文系・理系を問わず各教科等をバランスよく学ぶ教育課程を編成するとともに、高等学校等と国内外の大学、企業や国際機関等が協働して、先進的カリキュラムの研究開発・実践、テーマと関連した高校生国際会議の開催等の、高校生へ高度な学びを提供する体制整備を進めることを目標としています。

WWLについては、文部科学省のプレスリリースページ(外部サイト:https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/1415094.htm)をご覧下さい。