明石高専

グローバル事業トップバー

本校野球部がフィリピン遠征を行いました

9月18日(水)~27日(金)、本校野球部はスポーツ交流を目的として、フィリピンの協定校であるデ・ラ・サール大学及び同大学付属高等学校に遠征しました。

大学チーム、高等学校チーム、女子ソフトボールチームと対戦し、更にはNational Universityチームとも試合を行い、全試合に勝利しました。試合中は真剣勝負でしたが、試合後は、対戦相手と共に食事をし、テントを張ってのキャンプなど夜遅くまで文化交流も楽しみました。

また、スポーツ交流だけではなく、フィリピンの学生たちとマニラ近郊のスラムを訪れ、そこで暮らす子供たちとの交流も行いました。

帰国後の10月8日(火)、今回の遠征の成果について笠井校長に報告を行いました。

このスポーツ交流は、海外へ飛び出す第一歩として企画したものであり、明石高専が行っているカンボジアでのOverseas Community Projectや韓国ジョイントスタディツアー、夏期海外研修など他のプログラムに繋がり、将来、技術者となる学生たちがグローバルイシューにも目を向け、地球的視野を持った技術者に成長してくれることを期待するものです。