明石高専

グローバル事業トップバー

タイ・モンクット王工科大学トンブリ校ご一行が本校を訪問されました

4月18日(木)、タイの国立モンクット王工科大学トンブリ校(KMUTT)からSuvit Saetia学長をはじめ関係者10名が本校を訪問され、授業等を視察されました。
KMUTTご一行は、本校が導入する学年学科横断の科目「Co+work」の授業を視察され、時折学生や教員に質問するなど、熱心にご覧になられました。また、グローバル高専として本校が取組む各事業についても本校教員と活発な意見交換を行いました。その後、本校に在籍するタイ出身の学生や研究支援員と面会し、本校での滞在を和やかな雰囲気のまま終えることとなりました。

独立行政法人国立高等専門学校機構は、日タイ両政府の合意のもとで進められているタイでの高専設立プロジェクトに協力しています。
このたび、日本の高専と同様の5年一貫技術者教育を導入したKOSEN-KMITL(キングモンクット工科大学ラカバン校(KMITL)が運営母体となるタイ高専)が、2019年5月に開校を迎えるのに続き、翌2020年5月にはKOSEN-KMUTT(キングモンクット工科大学トンブリ校(KMUTT)が運営母体となるタイ高専)が新設される運びとなりました。この新設に向け、高専機構とキングモンクット工科大学トンブリ校との間でKOSEN-KMUTTの設置運営にかかる協力に関する協定及び包括的学術交流協定が4月16日(火)に奈良で締結されました。
その調印式後、一行は高専機構内でも、グローバル教育とアクティブラ-ニングにおいて先進的な取組を実施している本校を訪問し、上記プロジェクト推進への今後の緊密な連携について確認しました。