明石高専

電気情報工学科トップバー

橋本健二氏(36期)

プロフィール

橋本 健二(はしもと けんじ)
2002 明石工業高等専門学校電気工学科卒業
2002 大阪大学基礎工学部3年次編入学
2004 大阪大学大学院情報科学研究科修士課程入学
2006 大阪大学大学院情報科学研究科博士課程入学
2009 奈良先端科学技術大学院大学助教
2013 名古屋大学大学情報科学研究科助教
現在 名古屋大学大学情報学研究科助教

インタビュー

■高専を選んだ理由
中学生のころにコンピュータや電子回路などの興味を持ちはじめて、そのうような分野の仕事につきたいと思っていました。高等専門学校以外にも、理数系コースのある高校も進学の選択肢として考えていたのですが、オープンキャンパスに参加したときの雰囲気やいち早く専門分野の勉強をしたいという気持ちが勝って、明石高専を第一志望に選びました。

■明石高専で一番印象に残ったこと
入学当初に、当時の校長先生が、あなたたちは”生徒”ではなく”学生”(大学と同じ高等教育機関で教育を受ける者)だとお話されていたのを覚えています。大変なところにきたかもしれない、がんばらないといけないなと当時思っていたことを思い出します。

■明石高専で学んだこと
私が在籍していたころは電気工学科で、電気・電子と情報分野の専門基礎を半々の割合で勉強しました。入学当初、私は少なくとも周りの同級生についていくのがやっとでしたが、授業・演習や実験などを通して、わからないことを自分で調べて考えるというところはずいぶん鍛えられたように思います。最終的には情報分野の方に強く興味を持つようになったので、個人としてはそちらに注力して勉強していました。

■入学希望者や在校生へのメッセージ
電気・電子や情報分野にぼんやりでも興味がある入学希望者の方であれば、明石高専で専門分野にいち早く触れてみてそのさきの将来をどうするか考えていくというのも立派な道だと思います。将来を見据えつつ、学内外問わず少しでもやってみたいと思えることは積極的にやってみるという姿勢でがんばってほしいですね。漫然と受け身で居続けると何事もつまらなくなりますので、学生のうちに苦労も含めていろいろと経験してください。