明石高専

電気情報工学科トップバー

阪口哲男氏(20期)

プロフィール

阪口 哲男(さかぐち てつお)
1986 明石工業高等専門学校電気工学科卒業
1986 図書館情報大学第3年次編入学
1988 図書館情報大学大学院修士課程入学
1990 図書館情報大学大学院修士課程修了(学術修士)
1990 図書館情報大学助手
1997 筑波大学にて博士(工学)を取得
現在 筑波大学准教授

インタビュー

■高専を選んだ理由
もともと科学や技術に興味があり、小学生の頃は電子工作を趣味にしていました。中学生の頃には電気・電子方面に進みたいと考え、高等専門学校の制度を知って県内にある国立高専ということで明石高専への進学を決めました。高専を知る前は大学の工学部を目指すことも考えていたのですが、普通科高校よりも高専の制度がとても魅力的に当時は見えたことも大きいです。

■明石高専で一番印象に残ったこと
私は潮寮に入ったので初めて親元を離れて暮らすということの印象が強かったです。今から振り返ると、当時はまだまだ上下関係も厳しく、親元で暮らしているときには気づかなかった共同生活の注意点などを先輩方に教えてもらえたのは、卒業後にありがたさがわかりました。

■当時選択する人が少なかった大学への編入学を選んだ理由
入学前は高専で電気工学を学ぶつもりでしたが、入学後に情報処理の授業等を通じて情報技術の方が面白くなり、より発展的に学びたいと思ったのがきっかけです。そして4年生の夏にある全国紙の記事で図書館情報大学を知りました。情報技術のみならず扱う情報そのものを対象としているというのに興味を覚え、この大学なら編入学する甲斐があると思えたのが決断の決め手になりました。

■入学希望者や在校生へのメッセージ
明石高専は、頭が柔軟な若いうちから理論に加え実践的なことも含めて専門をじっくり学べるよい機会を与えてくれました。私の在校当時から先生方は入れ替わっていますが、それは今も変わらないと思います。明石高専で技術者として学ぶと同時に、クラブ活動や趣味なども思う存分力を入れて自らの間口を広げてください。将来きっとそれが活かされる時が訪れます。