明石高専

電気情報工学科トップバー

上 泰准教授,西村 厳生技術専門職員の研究が第30回人工知能研究助成事業に採択されました

本校電気情報工学科の上 泰准教授が代表者として申請した下記の研究テーマが,公益財団法人 人工知能研究振興財団の人工知能研究助成事業の交付対象研究に選定されました.なお,本研究は,本校の西村 厳生技術専門職員と大手前大学 現代社会学部の奥村 紀之講師(前職は本校電気情報工学科)との共同申請です.上准教授が令和元年12月5日(木)に名古屋市の今池ガスビルにて交付伝達式にて交付決定通知書を受け取り,採択されたテーマについての講演を行いました.

稲垣 康善審査委員長(名古屋大学・豊橋技術科学大学 名誉教授)の審査講評によると,今回は71件の中から10件の採択(競争率約7倍.採択率約14%)であったとのことでした.

交付対象研究テーマ:触診等における人手による加圧を学習・再現させるための加圧力取得システムの開発

申請者:上 泰(研究代表者),奥村 紀之,西村 厳生