明石高専

電気情報工学科トップバー

公開講座「コンピュータで三次元アニメーションを作ろう」を開催しました

8月19日(月)・20日(火)に公開講座「コンピュータで三次元アニメーションを作ろう」を開催しました。中学生のみなさん15名が参加されました。

私たちのまわりでは、映画、テレビ、ゲームなど、たくさんの三次元コンピュータグラフィックス技術が使われています。本講座では、Art of Illusion というソフトを使って、三次元コンピュータグラフィックス、アニメーションの制作を行いました。受講生の皆さんはそれぞれ趣向を凝らしたアニメーション作成に取り組んでいました。私たちもビックリするような本格的な作品が出来上がっており、講座の最後には、そのうちの1つを前方のスライドに映しました。

今回の経験が今後のコンピュータグラフィックスやプログラミングの勉強において役立てば幸いです。また、映画やゲームの画像を見るときに、どうやってこのようなグラフィックスが作られているか考えてみると楽しくなると思います。

定員の関係で参加できなかった方もいらっしゃると思いますが、電気情報工学科では様々な公開講座を今後も企画していますので、是非ご応募ください。