明石高専

在外研究だより Vol.1

Hello!How’s it going?

機械工学科所属,岩野優樹です。
4月からイギリスのサウサンプトン大学に,研究の為来ています.
早いもので,こちらに来てもう2ヶ月が経過しました.
少しずつですがこちらの環境に慣れてきたので,不定期でブログを書いて,皆さんにサウサンプトンのことを知ってもらいたいと思っています!

まず初めに,サウサンプトンの場所・気候から紹介します.
サウサンプトンは名前のとおりイギリスの南部に位置し,かつては港町として栄え,あのタイタニック号がここから出港しました.近年は医療と学術が盛んな都市です.
イギリスの玄関口であるロンドンのヒースロー空港から大学まではCoachという直通のバスが走っていて,大体一時間半~二時間弱の距離です.
サウサンプトンの緯度は約50°で,日本で言うと北海道よりさらに北になります(北海道の稚内で約45°).北海道より北なので,とても寒いと想像するかと思いますが,この時期は北海道と似たような気温です(最高19度,最低10度).
ですが,関西よりはもちろんとても寒く,私は6月下旬のこの時期で,職場では長袖ヒートテックにセーターを着て,行き帰りはコートを着ているという状況です.
ただ,冬場は北海道ほど寒くはならず,12月~2月あたりは最高8度,最低3度くらいで雪もさほど降らないようです.

そして,イギリスといえば,ご飯(外食)がマズい,天気が悪い,英語の訛りがひどいということで有名?ですが,その辺りのことを書こうかなと思います.

食事:日本でもレストランの当たり外れがあるように,こちらでも当たり外れはあります.ただ,美味しい食事に当たる確率は思った以上に高かったです.時々,味のあまりない食事に当たることはありますが,テーブル調味料で自分好みに味付けする!というのがイギリス流.基本的に食事は悪くない!というのが,サウサンプトンの印象です.

天気:イギリスはいつも曇りでよく雨が降っているという印象ですが,こちらも少し違いました.私がこちらに来て一ヶ月はほぼ雨も降らず,ほとんど快晴でした.6月に入ってからは雨がちな日が増えてきましたが,丸一日雨が降ることは少なく,降ったりやんだり晴れたりという繰り返しです.
日照時間はものすごく長く,朝は5時頃から,夜は22時近くまで明るいです.
英語:想像通り,イヤ,想像以上にネイティブのスピードは速いです.未だにネイティブ同士の会話には付いていけません...
ただ,大学内には教職員・学生問わず非ネイティブな方も多いため,非ネイティブとの会話に慣れた,分かりやすく話してくれるネイティブの方や,非ネイティブ同士で話ができないってことはないかと思います.
講演などを聴きに行って,聞きやすい英語だなと思ったら,大体非ネイティブの人でした.
そして,個人的には,スコットランドなどイギリス北部の人の話はスピードが早く,かつ単語を繋げて流ちょうに?話すので,何言ってるかわからないことが多いです.

ということで,少し長くなりましたが,今回はこのくらいで,次回は大学の話やサウサンプトン市内の話をしたいと思います.
トラブルも含め,色々なこともありますが,サウサンプトンはとても良い街で充実した毎日をすごしています!

I appreciate NITAC and dept. of mechanical engineering staff to give me such a chance.
See you soon!