明石高専

都市システム工学科トップバー

デザコン2019 構造部門への出場

12月7日と8日に,東京都大田区の大田区産業プラザPiOで,第16回全国高等専門学校デザインコンペティションが開催されました.同コンペティションには,空間デザイン,構造デザイン,創造デザイン,AMデザインとプレデザコンの5つの部門が設けられ,本校からは空間デザイン部門に1チーム,構造デザイン部門に2チーム,想像デザイン部門に2チームとAMデザイン部門に1チームが出場しました.ここでは,主に構造デザイン部門の様子について報告します.

 

今年度の構造デザイン部門のテーマは,支間長が1mで最大50kgの重りに耐えられる,できるだけ軽量な橋を,構造デザイン面の美を追求しながら型紙を使用して製作するものでした.本校から構造デザイン部門に出場した一方のチーム(都市システム工学科4年生3名と,3年生3名で構成)は,姫路城をモチーフにした作品名「藤」を,もう一方のチーム(都市システム工学科4年生5名と,建築学科の4年生1名で構成)は海洋生物をモチーフとした「For the Earth」を製作するとともに,各々の作品の概要を取りまとめたポスターも作成しました.

 

12月7日は,会場に到着後,両チームとも持参した作品とポスターを展示しました.構造デザイン部門には,全国の高専から62チームが出場しており,展示スペースには工夫を凝らした作品が展示されていました.本大会では作品への塗装が認められており,様々な絵柄が描かれた作品が目立ちました.その後,開会式,オリエンテーションと仕様確認が行われました.

 

仕様確認では,透明なアクリルケースの中に作品を収めることで,寸法や重りを載せることができるのかなどの製作条件が確認され,重量の計測も行われました.明石高専から参加した2チームはいずれも製作条件をクリアし,重量は藤が431.8g,For the Earthが324.3gで,軽さ順では出場した62チームの真ん中あたりでした.ちなみに,最も軽量な作品は,米子高専の「逞弓」で116.7gでした.その後,展示スペースで作品審査が行われ,各チームの代表者が,作品のコンセプトや工夫した点などについて,審査員の方からの質問に回答しました.

 

12月8日は,オリエンテーションの後に耐荷性能試験が行われました.同試験では,所定の時間内で重りを載せるための治具を取り付けてから専用の試験装置に設置し,その後,50kgまで段階的に重りを増やしました.試験は作品の重量が重いチームから行われ,各チームとも試験前にゴーグル,ヘルメットと安全靴を着用して,順番を待ちました.試験終了後には,各チームの代表者にインタビューが行われました.両作品とも50kgの重りには耐えましたが,軽量性やデザイン性を含めた総合評価点では上位チームに及ばず,入賞は逃しました.

 

今回の大会では素材が型紙となったため,骨組構造のみならず,板構造の採用も可能となりました.学生たちは,作品の設計,製作に当たって,それらの構造を熟知された鋼橋メーカーの技術者の方からアドバイスを頂いたり,設計と製作の試行錯誤を繰り返したりしながら,同構造の力学的な特徴を学ぶことができたことは有意義で,貴重な経験になったと思います.