明石高専

都市システム工学科トップバー

専攻科生が国際会議でポスター発表

建築・都市システム工学専攻2年の西尾潤太君がニュージーランドのオ-クランド工科大学で行われた国際会議(RIVER, COASTAL AND ESTUARINE MORPHODYNAMICS SYMPOSIUM、2019.11.25-27)に参加し、Study on Riverbed Variation Management by Groin at the Confluence of Kakogawa and Mino Riverのタイトルでポスター発表を行いました。同会議は2年に一度行われる河川工学及び海岸工学分野の国際会議で、世界中から200名を超える研究者が集まり研究発表を行うものです。西尾潤太君は、唯一の高専専攻科学生として研究発表及び討論を行い、多くの研究者の質問に答えていました。