明石高専

都市システム工学科トップバー

公開講座「カラフルセメントアートに挑戦!」を開催しました

令和元年7月13日(土)に、公開講座「カラフルセメントアートに挑戦!」を開催しました。小学1年生から6年生まで16名の小学生と、その保護者の方が参加して下さいました。

 

身近な構造物を造るコンクリートの材料の1つであるセメントを使った本講座では、一般的な灰色のセメントではなく、白色セメントを使うため好きな色を付けることができます。作った その日に持って帰ってもらえるよう、急結剤を使うことで固まる時間を調整しました。

 

 

約1時間かけて、色々な形を作ったあと、固まるのを待つ間、学校探検「スクール☆アドベンチャー 自分だけの高専マップを作ろう」を実施しました。今回の公開講座は、TAG(Try Akashi Girls:明石高専女子学生プロジェクト)のメンバーが運営を手伝ってくれました。この学校探検は、TAGのメンバーが企画・実施してくれたものです。参加者は、学校の地図を持って各実験室を訪れ、そこで出されたクイズに正解するとシールがもらえて、地図が完成していくという内容です。いつもの公開講座でも、実験室の案内をしていましたが、一味違った学校探検になりました。

 

 

学校探検が終わってからの待ち時間では、地図に色を塗ったり、学校探検の復習のクイズに答えてもらったりしました。実際に工学実験を経験した学生からは、実験室内の設備や材料について追加の説明もあり、学生ならではの視点で明石高専を知ってもらうことができました。

 

 

当日はお天気がすぐれず少し涼しかったため、型枠を外す時までにしっかり固まりませんでした。そーっと外すことで、キレイに型枠を外せた人や、複雑な形は崩れてしまった人もいましたが、色とりどりのセメントアートが完成しました。

 

 

次は11月に、TAGのメンバーと、女子小中学生向け座談会を企画していますので、ぜひご参加ください。