明石高専

都市システム工学科トップバー

神田佳一教授、鍋島康之教授がひょうご科学協会研究助成を受賞

 本校都市システム工学科、神田佳一教授と鍋島康之教授が公益財団法人ひょうご科学技術協会から令和元年度研究助成を受賞しました。令和元年5月30日に神戸市元町のラッセホールにおいて、井戸敏三 兵庫県知事ならびに小西隆紀 兵庫県議会副議長ご臨席のもと、神田佳一教授が平尾公彦 理事長から受賞状を受け取り、その後、鍋島康之教授が受賞講演を行いました。機械・建設・計測・制御系からは本校教員2名のみが受賞しました。
 住山昭彦 審査委員長(兵庫県立大学・大学院物理学研究科長・理学部長)によると競争倍率5倍の中から選考されたとのこと、神田教授、鍋島教授 研究助成を受賞おめでとうございました。

受賞課題名
神田佳一教授 「河道弯曲と堰湛水の影響を受ける河川合流部の河床変動とその制御に関する研究」
鍋島康之教授 「集中豪雨による高速土石流を想定した既存ハザードマップの見直し」