明石高専

ロボコン全国大会出場

10月13日(日)に大和郡山市総合公園金魚スクエア(多目的体育館)で開催された「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2019 近畿地区大会」において、本校のAチームがベスト4に進出し、審査員推薦で全国大会出場権を獲得しました。本校の全国大会出場は2年連続10回目です。

今年の競技課題は「らん♪ RUN Laundry(らん・ラン・ランドリー)」。“洗濯物干し”です。Tシャツ・バスタオル・シーツを、フィールドに設置された3本の物干しざおに干していきます。Vゴール方式を採用しない得点競技ですが、同点の場合は干された洗濯物の美しさで勝敗が判定されます。

本校Aチームのチーム名は「明石『超』乾燥(アカシスーパードライ)」。高専生のチーム名としてはギリギリでしょうか? 最新の画像処理技術による自動化を実現した、高専ロボコン史上初の『超』ハイテクロボットです。満点を超速で達成するように、全国優勝を目指して設計・製作されています。予選リーグ1回戦は大阪府大高専B。自動機の不調にもかかわらず、相手もほとんど動けず、その状況を見ながら手動機で冷静に得点をして4-0の勝利。試合後、自動機の通信関連部品が破損していたことがわかりました。神様のご加護に感謝です。2回戦は初戦を16-1で勝利した神戸高専A。緊迫した試合になりましたが、15-8で本校が勝利。シーツを伸ばしきれず、干し位置がわずかにずれて満点を逃しましたが、満点を達成するポテンシャルを秘めていることは審査員や観衆に十分にアピールできたと思います。準決勝は予選リーグを11-2、16-0で突破した優勝候補の奈良A。シーツを干すことができずに12-21で敗れました。高専ロボコン史上初の画像処理技術が評価され、アイデア賞を獲得しました。全国大会までに制御の安定性の向上と、さらなるスピードアップを図り、全国優勝を目指します。

Bチームのチーム名は「pzz!d(ピザマーシ)」。180度回転させても文字として読めることにこだわりました。チームのモチーフはピザ店です。手動機名は「いざ八投(イザハットウ)」、ピザ職人のように生地(Tシャツ)を回してお皿に投げ入れます。自動機名は「ピ皿(ピザラ)」、お客様にお皿を配膳するのを模して、Tシャツハンガーを物干し竿に取り付けます。勝敗よりもロボットの動きの面白さと発想の奇想天外さで観衆を魅了することでロボコン大賞を目指しました。それらしい動きをさせるところまでは完成していましたが、技術的目標が高すぎて完成が遅れたため、十分に練習することができていませんでした。相手に恵まれ、予選リーグ2戦ともに両者無得点での判定になり、2-1、1−2の1勝1敗で、見せ場のないままに予選リーグで敗退しました。でも、決勝戦の前に、審査員によって選ばれたロボットによるエキシビジョンに出場し、みごと、ピザ(Tシャツ)を回して、お皿(ハンガー)に投げ上げることができました。半年間の苦労が報われた瞬間でした。全国大会にはどんなロボットが出てくるかわかりませんが、発想のユニークさでは、どこにも負けていないと思います。

近畿地区大会出場にあたって、ひょうご科学技術協会、本校後援会・同窓会・明機会、そして多くの個人のみなさまにご支援をいただきました。ありがとうございました。今後ともご支援のほど、よろしくお願いいたします。学生が運営しているロボット工学研究部のホームページで最新情報を更新していく予定です。そちらもご覧いただきますようお願いいたします。

なお、大会のテレビ放送予定は次の通りです。ぜひご覧ください。
「高専ロボコン(近畿地区大会)」 NHK総合(関西地区)令和元年11月17日(日)13:05~13:59

(文:ロボット工学研究部代表顧問 森下智博)

明石高専ロボット工学研究部ホームページ
http://akashiroboken.main.jp