明石高専

JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2018において、本校学生が「国際協力特別賞」を受賞

 2月23日、独立行政法人国際協力機構市ヶ谷国際会議場にて、JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2018の表彰式が行われ、本校1年機械工学科神馬綾乃さんが「国際協力特別賞」を受賞しました。これは、全応募作品34,738点のうちの20作品の中に選ばれる快挙であります。また、本校としても「学校賞」に選ばれました。
 神馬さんは今回の作品にて、これまでガールスカウトで学んだことを中心に、自分が現在高専に通っているということ、そして女子であるという点から「世界中が幸せになるためには私たちは何が出来るか」ということについて考察。そこから、暴力の起きない世界のためにはまず声をあげること、つまり『Voice against violence』こそが一番簡単にできて、大切であると主張。めでたく、今回の受賞と相成りました。
 なお、表彰式後の懇親会では、審査委員長の教育評論家の尾木直樹氏や全国から集まった受賞者との親交も深めました。