明石高専

建築学科トップバー

建築工学実験/鉄筋引張試験

今年度第1回目の建築工学実験は、鉄筋引張試験を行いました。

私たちの身近に多く存在する鉄筋コンクリート造の建物の構造部分は、主に鉄筋とコンクリートからできており、今回はそのうちの鉄筋に焦点を当ててその機械的性質を調べました。

実験内容は、鉄筋を引っ張って破壊するという大胆かつ単純なものですが、正確にひずみを測定するためには、鉄筋に目盛りを刻むなど、細かい作業が必要であり、入念な準備が欠かせません。

また、特殊な装置で数十トンにも及ぶ荷重を加えられた鉄筋が破断するときの音はとても大きく、学生も思わず声をあげてのけぞるほどでした。

最後に、実験によって得られたデータをもとに応力度などの値を計算により導く際には、講義などで学習した通りの結果に納得の様子でした。