建築学科

学習・教育到達目標

A.共生に配慮できる豊かな人間性
 自然環境や多様な社会との調和のうちに、豊かな人間的空間を実現するための感性を備える。
B.国際性と指導力
 歴史、文化、社会などの背景を伴って生まれた世界の建築を学び、地域性を理解できる国際性と指導力を備える。
C.技術者倫理
 生活空間を生み出す専門的職業人として、自然や社会に対する技術行為に確固たる責任を果たす。
D.基礎学力と自主的・継続的学習能力
 工学的基礎知識と幅広い教養をもとに、建築の理解を確実なものとし、継続的な自己学習能力を身につける。
E.コミュニケーション能力
 日本語や英語によるコミュニケーション能力のみならず、図面、CGによる建築的プレゼンテーション能力を身につける。
F.柔軟かつ創造的な設計能力
 建築空間を構築する芸術的要素と技術的要素の両者を統合する柔軟かつ創造的な設計デザイン能力を備える。
G.実践的な問題解決能力
 構造実験、設計演習、現地調査を通して、理論と実現象との相違を発見でき、都市や建築の実践的な問題解決能力を備える。
H.多次元的なシステム思考
 建築学を中核に、自然、歴史、文化、社会、関連工学的分野の知識を持った複眼的視野に基づく、共生をめざした多次元的なシステム思考ができる。