明石高専

機械工学科トップバー

公開講座「エンジン組み立て講座」を開催しました

平成30年3月27日(火)に小中学校を対象とした公開講座「エンジン組み立て講座」(機械工学科・技術教育支援センター共催)が開催され、6名の小中学生が小型汎用ガソリンエンジンの組み立てに挑戦しました。

講座ではエンジンの基本的な仕組みやボルトやナットの種類について学習し、ドライバーやレンチなど工具の正しい使用方法を実際に体験しながら学びました。エンジンの組み立て作業では1台ずつ本校エコランプロジェクトのメンバーがていねいにサポートしました。最初はネジ一本までバラバラだった部品が数時間後には1台のエンジンに組みあがりました。組み上がったエンジンは1台ずつ始動テストを行い、全てのエンジンがトラブル無く動作しました。スロットルレバーを開け、受講者は皆満足そうに排気音の変化を感じていました。

本講座は来年度も継続的に開催する予定ですので、是非ともご参加ください。