明石高専

機械工学科トップバー

平成28年度国立高等専門学校教員顕彰において、本校教員が機構理事長賞を受賞しました

国立高等専門学校教員顕彰とは、全国51校55キャンパスの国立高等専門学校の各キャンパスから一般部門と若手部門それぞれ1名の候補者を推薦し、管理運営、地域社会への貢献を含み、学生教育を中心とする分野において顕著な功績を挙げている教員を顕彰するものです。
その中で、本校から若手部門で推薦した機械工学科の岩野准教授が、全国51校55名の候補者の中で以下の顕彰題目と業績を評価され、最も評価の高い「機構理事長賞」を受賞しました。

国立高等専門学校機構理事長賞 若手部門
機械工学科 岩野 優樹 准教授
顕彰題目:高専ものづくり技能を活用した地域貢献の実践
業績概要:高専の学生や教職員の持つものづくりの知識、技術や設備は大きな可能性を秘めている。低学年から、社会のニーズをベースとした授業を取り入れることで学生の意欲を活性化させ、学生自らが考え、新たなチャレンジを行うようになる。そして、教職員とともに研究分野や地域の小中学校の技術科教育等に貢献してきたものづくりの実践例を紹介する。