明石高専

機械工学科トップバー

ロボコン 2年連続全国大会出場

10月16日(日)に神戸市中央体育館で開催された「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2016 近畿地区大会」において、本校Bチーム(ロボット名:あさごん)が全国大会出場権を獲得しました。本校チームの全国大会出場は2年連続8回目です。

今年の競技課題は「ロボット・ニューフロンティア」。探検家として海の向こうの新大陸へ渡り、開拓した証として「砦」を築き上げます。「砦」は200mmx300mmx400mmのブロックを積み上げ、その上に各チームオリジナルの「シンボル」を載せると完成です。積み上げたブロックの高さで勝敗を競います。海には「島」があり、海を渡る「船」が用意されています。どうやって海を渡るか、どうやってブロックを高く積み上げるか、そして何を「シンボル」とするか、各チームのアイデアが見所です。また、今年のルールの特徴は、ロボットの台数と展開サイズに制限がないことです。このことにより、過去のどの課題よりも難易度が高く、技術力に加えてチーム力が試される課題になっています。

昨年全国優勝の奈良高専は今年も強く、Aチームが2400mm(6段)で危なげなく優勝。準優勝の舞鶴高専Aチームの記録は1200mm(3段)でした。本校Bチームは準決勝で奈良高専Aに敗れましたが、記録1600mm(4段)で近畿地区全チームのうち2位の記録でした。全国大会には優勝の奈良高専A、審査員推薦の舞鶴高専Aと本校Bチームが出場します。

本校Bチームのロボットは、積んだブロックを上に持ち上げ、その下にブロックを挿入していくことでどんどんと高くしていきます。練習では2000mm(5段)を積んだこともありました。シンボルは天空の城「竹田城」、ロボット名「あさごん」は朝来市に由来しています。ブロックを高く積み上げると、会場からは竹田城が雲に浮かんでいるかのように見える視覚効果を狙っています。組み合わせ抽選の結果、1回戦不戦勝で2回戦からの登場でした。3年生以下だけの若いチームで、緊張もあったと思います。会場横の湊川神社で授かった勝ち守りを握りしめて試合に臨みました。お守りの御利益があったのか、練習通りに1600mm(4段)を積んで完勝しました。準決勝では、何度も何度も練習するうちに傷んでいたのか、ブロック取り込み口のプラスティック板が割れてしまったため、ブロックを思い通りに取り込めなくなってしまい、1段も積めずに試合が終了してしまいました。天空に浮かぶ竹田城を1度しか見ていただけなかったのが残念でなりません。チームは、昨年の全国大会ベスト4メンバー2名が中心となり、4月から「全国優勝」を合い言葉に毎日夜遅くまで頑張ってきました。全国大会では、近畿地区大会の雪辱を果たし、目標を達成してくれるものと期待しています。

本校Aチーム(ロボット名:天地開闢)は、ブロックの積み方に特徴があります。ブロックは、正面から見た投影面で、上段になるほど幅が狭くなっていくように積まなければなりません。Aチームは箱の個数や間隔ではなく、箱の向きを変えることでこの難題をクリアします。ロボット名の天地開闢(てんちかいびゃく)は、日本列島創世の神話から着想したものです。2台のロボットはそれぞれ、男神・伊邪那岐神(いざなぎのかみ)と女神・伊邪那美神(いざなみのかみ)に扮して、四国から淡路島へ大鳴門橋を、淡路島から本州へ明石海峡大橋を架け、東経135度子午線上に立つ現代明石のシンボル、天文科学館を築きます。4年生3名と昨年の全国大会ベスト4メンバー2名を含む頼もしいチームです。ただ、チャレンジした砦構築の技術が難しすぎたのかもしれません。ロボットの完成が遅れ、十分に練習できていなかったために、1回戦・2回戦共に記録800mm(2段)に終わりました。もう少し時間があれば1200mm(3段)を積めたところですが、2回戦で確実性に勝る舞鶴高専Aに僅差で敗れました。陸と橋で車輪を使い分ける緻密さと砦を築くユニークなアイデアを実現する技術力の高さが評価され、技術賞を受賞しました。

全国大会は11月20日(日)に国技館(東京都墨田区)で開催されます。全国制覇は、過去28大会、未だなしえていない本校の悲願です。2チームに分かれていたロボット工学研究部員も全49名が総力を結集し、悲願達成を目指して再始動しました。どうぞみなさまのお力添えとご支援をお願いいたします。学生が運営しているロボット工学研究部のホームページでも、最新情報を更新していく予定です。そちらもご覧いただきますようお願いいたします。

全国大会出場に当たり、ロボットをレベルアップさせるための製作費のほか、交通費・運送費など、必要な経費もかさんできます。多くのみなさまのご支援をいただければ幸いです。詳細はロボット工学研究部ホームページをご覧いただきますようお願いいたします。

なお、大会のテレビ放送予定は次の通りです。是非ご覧ください。
「高専ロボコン(近畿地区大会)」 NHK総合
平成28年11月13日(日)11:00~

(文:ロボコンプロジェクトリーダー 森下智博)

明石高専ロボット工学研究部ホームページ
http://akashiroboken.main.jp