明石高専

暴風警報または特別警報発令時の授業

本校では、兵庫県「阪神」「播磨南東部」「北播丹波」「播磨北西部」「播磨南西部」地域に属するいずれかの市町村に暴風警報または特別警報(以下暴風警報等という。)が発令された場合は、当日の授業は臨時休業とする。

平常授業時の取扱い

暴風警報等が解除された場合の授業は以下のとおりとする。
1.午前6時までに警報が解除された場合、平常どおり授業開始
2.午前7時までに警報が解除された場合、1限目9時30分から授業開始

授業時間割表

予鈴 9:25
1限 9:30 ~ 11:00
2限 11:10 ~ 12:40
(昼休み)
予鈴 13:25
3限 13:30 ~ 15:00
4限 15:10 ~ 16:40

3.午前10時までに警報が解除された場合、3限目13時から授業開始。

授業開始後「暴風警報等」が発令になった場合には、その時点で措置を通知する。

試験期間中の取扱い

暴風警報等が解除された場合の試験は以下のとおりとする。
1.午前7時までに警報が解除された場合、平常どおり試験開始
2.午前10時までに警報が解除された場合、13時から試験開始
午前10時を過ぎても暴風警報等が解除にならない場合、当日の試験は試験最終日の次の平日に行う。

試験開始後、暴風警報等が発令になった場合には、その時点で措置を通知する。

「暴風」が含まれていない警報の取扱い

「暴風」が含まれていない「大雨」「洪水」の警報が発令されている場合で、通学が危険で困難な地域の学生は登校しなくてよいものとする。その場合の取扱いは公欠扱いとする。
ただし、登校後すみやかに公欠願を提出するものとする。

状況によっては、上記以外の取扱いとなるため、連絡網の通知などに留意すること。