明石高専

学習・教育到達目標

(A) 共生に配慮できる豊かな人間性と健康な心身  (a)
(A-1)自然や社会との共生について配慮できる。
(A-2)教養を高める努力ができる。
(A-3)心身の健康保持の大切さを学び実践できる。

(B) 国際性と指導力  (a)・(f)・(h)・(i)
(B-1)外国語と外国の文化について学習し、国際的な考え方ができる。
(B-2)地球的視野で共生に配慮して異文化への対応ができる。
(B-3)チームワークに積極的に取り組み、指導力を発揮できる。

(C) 技術者倫理  (b)
(C-1)「もの」や「空間」を生み出す専門的職業人として技術者の責任を認識し、自然や社会に及ぼす技術の影響について理解できる。
(C-2)専門分野の学会の倫理条項について理解し、説明できる。

(D) 基礎学力と自主的・継続的学習能力  (c)・(d)・(g)
(D-1)微分積分学、線形代数学、確率統計、数値解析などの数学及び物理、化学、生命科学、地球物理、環境科学などの自然科学の基礎知識を修得し、それらを用いた問題解決ができる。
(D-2)設計・システム、情報・論理、材料・バイオ、力学、社会技術などの基礎工学に関する知識を修得し、それらを用いた問題解決ができる。
(D-3)卒業研究や工学基礎研究及び専攻科特別研究を通して、研究・学習状況の把握や記録を習慣づけ、自主的・継続的な学習ができる。

(E) コミュニケーション能力  (f)・(i)
(E-1)日本語による適切な文章表現、口頭発表及び討論ができる。
(E-2)英語による技術論文の読解やプレゼンテーションができる。
(E-3)日本語による技術論文及び英語によるアブストラクトを書くことができる。

(F) 柔軟かつ創造的な設計能力  (d)・(e)
(F-1)専門分野の知識や技術を用いて、課題に適応する具体的なシステムを設計できる。
(F-2)「ものづくり」を体験的に学習し、柔軟かつ創造的な発想ができる。

(G) 実践的な問題解決能力  (d)・(g)・(h)・(i)
(G-1)基礎的な実験技術を修得し、実験結果を種々の方法で解析できる。
(G-2)インターンシップや工学基礎研究及び専攻科特別研究を通して、理論と実現象との相違や問題点を発見・抽出し、問題を解決することができる。

(H) 多次元的なシステム思考  (d)
(H-1)主専門分野の知識と技術を深く学び、システム思考ができる。
(H-2)共通的工学関連分野の幅広い基礎的知識を学習し、多次元的な思考ができる。
(H-3)他の専門分野についても積極的に学習し、複眼的視野を持つことができる。

 

(注1)各学習・教育到達目標の後の記号はJABEEの基準1(1)との対応を示している。
(注2)明石高専の教育目的との対応を示す。

JABEE基準1(1)の項目

  1. 地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
  2. 技術が社会および自然に及ぼす影響や効果、および技術者が社会に対して負っている責任に関する理解(技術者倫理)
  3. 数学、自然科学および情報技術に関する知識とそれらを応用できる能力
  4. 該当する分野の専門技術に関する知識とそれらを問題解決に応用できる能力
  5. 種々の科学、技術および情報を利用して社会の要求を解決するためのデザイン能力
  6. 日本語による論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力および国際的に通用するコミュニケーション基礎能力
  7. 自主的、継続的に学習できる能力
  8. 与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力
  9. チームで仕事をするための能力

明石高専の教育目的との対応

  1. 健康な心身と豊かな人間性:(A)、(B)、(C)
  2. 柔軟な問題解決能力:(G)、(H)
  3. 実践的な技術力:(D)、(F)、(H)
  4. 豊かな国際性と指導力:(B)、(E)