明石高専

グローバル事業トップバー

タイのPCSHSパトゥムターニー校との学術交流に関する覚書への調印式を開催

3月11日、明石高専において、明石高専とタイの中高一貫校チュラポーン王女サイエンスハイスクール(PCSHS)パトゥムターニー校との学術交流に関する覚書への調印式を開催しました。
明石高専はすでにPCSHSトラン校とも学術交流に関する協定を締結しており、タイにおける協定校は2校目となります。
国立高専機構ではタイ政府と協働し、PCSHSの中学校課程相当を修了した学生をタイ政府奨学金留学生として、1年次から専攻科までの7年間にわたり国立高専に受け入れる事業を実施している。明石高専は全国から採択されたホストスクール6高専のうちの1校であり、来年度から受け入れを開始します。
覚書を交わしたパトゥムターニー校はバンコク北方のパトゥムターニー県に位置し、同校生徒はPCSHSの中でも最上位クラスの学業成績を収めています。今後、明石高専とPCSHSパトゥムターニー校とは学生の派遣や受け入れなど、活発な交流を行う予定です。