明石高専

グローバル事業トップバー

ぺルタミナ大学と協定を締結しました

2017年7月17日(月)インドネシア・ペルタミナ大学(Universitas Pertamina)にて、同大学と本校との協定調印式が執り行われました。

ペルタミナ大学は、インドネシア国営石油会社のペルタミナを母体とし、2016年に開設されたばかりの私立大学です。工学だけではなく経済、ビジネス、国際関係など15の学科を有し、教育や研究の環境は今もなお整備充実させているところです。

調印式前には、本校笠井校長による特別講義が行われ、集まった100名を超える学生や教職員を前に、本校の概要や自身の教育研究、これまでのインドネシアとの交流の足跡、そして最後に若い研究者の卵へ向けて熱いメッセージを送りました。

質疑応答では、ペルタミナ大学の学生から矢継ぎ早に質問が飛び、活発な意見交換が行われました。笠井校長が時折ジョークを交えながら一つ一つ丁寧に回答し、特別講義は終始和やかな雰囲気の中で行われました。

本協定締結により、学生交流、教員交流、共同研究など、幅広い分野での連携が期待できます。