明石高専

グローバル事業トップバー

サウサンプトン大学と編入学に関する協定を締結しました

今次、本校と英国・サウサンプトン大学(University of Southampton)は編入学に関する協定締結の合意に至り、4月20日(木)、同大学のHighfield Campusにおいて調印式が執り行われました。

先般のクイーンズランド工科大学に引き続き、本校として2つ目の海外編入学制度となります。編入学制度に関する情報はこちらをご覧ください。

http://www.akashi.ac.jp/global/pathway

サウサンプトン大学のPeter Smith副学長補佐は、「本協定締結による編入学制度の確立は、これからのエンジニアに求められる”International Perspective(国際的視野・視点)”を持った人材を育成する絶好の機会であり、多くの明石高専の卒業生がサウサンプトン大学へ進学することを期待しています」と述べられました。

これを受け、本校笠井秀明校長から、調印式の挙行ならびに今回の協定締結に至るまで尽力頂いたサウサンプトン大学の関係教職員に対し謝辞を述べるとともに、本編入学制度により日英両国の架け橋となるようなエンジニアが生まれてほしい、と学生への熱い期待が示されました。

また、調印式後は、研究大学として世界的評価を受けるサウサンプトン大学の施設や設備を見学しました。