明石高専

グローバル事業トップバー

クイーンズランド工科大学と編入学に関する協定を締結しました

3月10日(金)在日オーストラリア大使館にて、本校とオーストラリア・クイーンズランド工科大学(Queensland University of Technology:QUT)は編入学に関する協定を締結しました。

編入学制度に関する情報はこちらをご覧ください。

http://www.akashi.ac.jp/global/pathway

在日オーストラリア大使館商務担当公使・Brett Cooper氏の開会の辞では、「グローバル化が急速に進む中、早い時期から国際的な環境で経験を積むことが非常に重要であり、今回のパートナーシップは学生の意志や意欲を強力に後押しする素晴らしい取組みです」と述べられました。

続いて本校の笠井秀明校長、QUTのScott Shappard国際担当副学長が講演を行い、双方の学校が進める世界基準の取組みを紹介し、今回の編入学制度で広がった無限の可能性に自信をもって積極的にチャレンジしてほしい、と学生への強い期待が示されました。

そして今回の編入学制度開設に際し、強力にバックアップ頂いた在日オーストラリア大使館・冨永さおり氏、クイーンズランド州政府駐日代表・安達健氏より、オーストラリアそしてクイーンズランド州における教育・研究の可能性や優位性、産業界との強い繋がりなどについてご紹介頂くとともに、明石高専生が本編入学制度を通じオーストラリアと日本の架け橋となるような人材になってほしいとの期待が述べられました。