明石高専

グローバル事業トップバー

デ・ラ・サール大学よりCulaba教授を客員教授として招聘しました

本校の海外協定校のひとつであるフィリピン デ・ラ・サール大学より、Alvin Bustillo Culaba教授を平成29年2月9日~19日まで客員教授として招聘しています。

ご自身の研究分野(機械工学)でご活躍をされているだけでなく、所属大学の要として長年、海外協定校との国際交流に携わっておられます。

本校の教員らと協議を重ねることで、さらにデ・ラ・サール大学と明石高専との協力関係が発展することでしょう。