明石高専

グローバル事業トップバー

トビタテ生が明石市長を表敬訪問しました

「トビタテ!留学JAPAN(高校生コース)」第2期採択生10名が、泉房穂明石市長、公家裕明石教育委員会教育長を表敬訪問しました。

学生一人ずつ留学計画の概要と留学にかける意気込みを語り、その後、泉市長、公家教育長からそれぞれ激励の言葉を頂きました。

泉市長からは、市長ご自身の学生時代の海外経験に触れながら、「明石の代表として、世界で明石の魅力をアピールしてほしい」「留学先で見聞き体験してきたことを、明石の課題に落込み、明石が抱える課題をグローバルな視点で解決できる人材になってほしい」との熱いメッセージを頂きました。また、「大いに期待しており、帰国後の報告も楽しみにしている」と嬉しい言葉も頂きました。

公家教育長からは、「このチャンスを活かした貴重な経験を明石に持ち帰り、市内の小中学校で是非発信してほしい」と、明石全体の留学機運を高めるエヴァンジェリスト活動についても深い理解を示してくださいました。

留学まで1か月を切っている中で、モチベーションを高める大変貴重な機会となりました。