明石高専

電気情報工学科トップバー

LODチャレンジJapan 2014にて学生奨励賞(高専部門)を受賞しました

2015/3/12(木)に慶應義塾大学三田キャンパスで開催されたLODチャレンジ2014カンファレンス&優秀作品発表会にて、以下の学生らが開発しLODチャレンジJapan 2014に応募した「街灯これくしょん」が学生奨励賞(高専部門)を受賞しました。

  • 松田裕貴(専攻科機械・電子システム工学専攻2年生)
  • 玉井雄一郎(機械工学科4年生)

LODチャレンジ Japanは、オープンなデータづくりとデータ活用に関する取り組みを表彰する、日本初のコンテストです。2011年度より開始して、民間や市民のほか行政に対しても広くオープンデータの呼びかけを行い、幅広い分野のデータ公開活動を積極的に表彰することで、日本におけるオープ ンデータを推進する流れとチャレンジする環境を創出してきました。

表彰に対するコメントは以下のとおりです。

「カリキュラム、学生食堂という学校の身近なデータから学校外へ踏み出した作品です。街灯への着目も新鮮であり、実際に使用してみると街灯認識精度の高さにも驚きました。また、オープンデータを誰が提供するのかという大きな課題に対しても、市民自身が自分達のために楽しくデータを集めるという提案となっております。豊かな発想力と技術力で本コンセプト、アイデアの多くのバリエーションが今後も生み出されることを期待します。」

参考URL