明石高専

近畿地区7高専連携による防災技能を有した技術者教育の構築トップバー

クロスロードゲームを実施しました

11月26日の防災リテラシー(1年生 全学科)で,外部から講師をお招きしてクロスロードゲームを実施しました。クロスロードゲームとは,Yes・Noのカードを用いたゲーム形式による防災教育で,設問に対して多数決で正解を判断していくゲームです。阪神・淡路大震災で実際に起こった問題を設問として,学生たちに判断してもらいました。
普段の講義とは違った,「自分で考え・判断する」授業に学生たちは積極的に参加してくれました。このような学習を通してこれからも防災時に役立つ技能を習得します。