明石高専

地域連携トップバー

神戸新聞に明石高専防災団D-PRO135°の感震ブレーカー設置支援活動が掲載されました。

本校の明石高専防災団D-PRO135°の学生たちが、平成29年12月、明石市東二見の地蔵町自治会地区にて、独居老人、災害時要援護者宅20軒に、地震を感知すると回路を自動的に遮断する感震ブレーカーの設置をしました。その活動の模様が、12月22日の神戸新聞に掲載されています。

今年度末には、東二見の5町自治会と協働で、北の町自治会校区にも感震ブレーカーを設置する予定です。

2017年12月22日神戸新聞朝刊23面掲載

参考(前回掲載記事):明石高専防災団D-pro135°の学生防災士たちが感震ブレーカーの設置を支援