明石高専

地域連携トップバー

明石高専防災団D-pro135°の学生防災士たちが感震ブレーカーの設置を支援

本校の防災リテラシーの授業(松野先生、太田先生)で学んだことを、地域で実践しています。

本校のD-pro135°の学生たちが、西之町自治会、ボランティアクラブ東二見(朝比奈代表)、東二見漁協等と協働で、地域の独居老人、災害時要援護者宅に、地震を感知すると回路を自動的に遮断する感震ブレーカーの設置を支援しています。

今年度は西之町自治会地区10世帯をはじめ東二見の5町自治会で感震ブレーカーの設置を支援する予定です。

2017年5月9日神戸新聞朝刊27面掲載