明石高専

都市システム工学科トップバー

大阪北部地震 宅地被害調査2(速報)

調査日:平成30年6月24日(日)12:30~16:00
場 所:高槻市月見町,天神町,奥天神町,美しが丘,古曽部町
参加者:鍋島(明石高専)

 大阪北部地震による高槻市の住宅地被害調査を6月24日(日)午後に本校都市システム工学科 鍋島教授が行いました。

〇踏査ルート
JR高槻駅を始点として,天神町1丁目から天神町2丁目・月見町2方面へ北上し,奥天神町1丁目・2丁目を経由して,美しが丘3丁目,古曽部町3丁目を南下して,JR高槻駅に帰着しました。

〇奥天神町1丁目・2丁目
奥天神町1丁目でも屋根にブルーシートがかけられた住宅が散見されましたが,比較的少ないように思われました。奥天神町2丁目も同様に屋根にブルーシートがかけられた住宅が見られ,石積みの胸壁にクラックが入っている箇所が確認できました。(写真1,2,3,4枚目)

〇美しが丘3丁目,古曽部町3丁目
美しが丘2丁目から奥天神町1丁目方面,美しが丘3丁目方面を撮影したところ,所々にブルーシートがかけられた住宅が見られました。(写真5,6枚目)
美しが丘3丁目の大谷池のため池堤防については被害を受けた形跡はなく,張りブロック等にも亀裂は見られませんでした。ただし,ため池堤防横の集合住宅のブロック積み擁壁の新しく積み直した部分と従来のブロック積み擁壁の継ぎ目箇所にクラックが入り,ブルーシートがかけられていました。(写真7,8枚目)
古曽部町3丁目の長谷池についても,ため池堤防は被害を受けた形跡が見られませんでした。ただし,周辺部には倒壊の危険性がある塀や屋根にブルーシートがかけられた住宅が見られました。(写真9,10枚目)