明石高専

都市システム工学科トップバー

大阪北部地震 土構造物被害調査(速報)

調査日:平成30年6月22日(金)14:00~19:30
場 所: JR京都線(高槻市梶原周辺,総持寺駅),
阪急京都線(高槻市),芥川堤防(高槻市庄所町)

平成30年6月18日(月) 7時58分に大阪府北部を震源とするマグニチュードM6.1の地震が発生しました。最大震度6弱を記録した高槻市周辺の土でできた構造物の被害について6月22日(金)に本校都市システム工学科 鍋島教授を中心としたメンバーで調査を行いました。

〇JR京都線(高槻市梶原周辺)
高槻市梶原周辺の鉄道盛土について確認しました。この地域には鉄道盛土の下に煉瓦積トンネルが多数存在しますが,今回の地震によるものと思われる被害は認められませんでした。また,一部で高い盛土も見られたが,変状などの被害は確認できませんでした。(写真1,2,3枚目)

〇JR京都線(総持寺駅)
JR総持寺駅プラットフォームから見た写真です。手前の黄色マークからが45km/hの速度制限区間で,奥の緑色マークが速度制限解除位置です。この区間で異常が発見されたものと判断できます。(写真4枚目)

〇阪急京都線(高槻市)
 萩之庄地区の2ヶ所で跨道橋(道路と鉄道の交差部分)の橋台盛土部にブルーシートがかけられていました。(写真5,6枚目)

〇芥川堤防(高槻市庄所町)
 高槻市庄所町周辺の河川堤防において盛土天端(堤防の上の部分) 3ヶ所に亀裂が入り,ブルーシートがかけられていました。(写真7枚目)