明石高専

ロボコン近畿地区大会 アイデア賞を受賞しました

10月22日(日)に舞鶴文化公園体育館で開催された「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2017 近畿地区大会」において、本校の2チームはともに2回戦で敗退し、全国大会出場はなりませんでしたが、Aチームがアイデア賞を受賞しました。

今年の競技課題は「大江戸ロボット忍法帳」。本陣とよばれる高さ2mのX形のポールに取り付けられた10個の風船を早く割った方が勝ち。統一規格の刀もしくは各チームオリジナルの秘密道具を使用して、両チームのロボットが激突し合い、技を繰り出し合う、格闘技のような対戦形式の競技です。ロボットのパワーとスピード、秘密道具のアイデアとその完成度、そして運が勝敗を分けるポイントです。登録できるロボットは3台。1試合に2台を出場させることができます。違うタイプのロボットを相手によって使い分ける作戦も見所です。

本校Aチームのロボット名は「C:。ミ」。横向きのたこを文字で表現しています。読み方は「オクトン」。1台目のロボットは、子機(ルール上はロボット本体の一部)が本陣のポールを青虫のようによじ登る秘密道具をもった近接型。2台目は、大きく腕を広げて相手の突進を阻止する防御型。3台目は、大量の矢を一気に打ち出す遠距離攻撃型。1回戦不戦勝で2回戦からの登場。いきなり優勝候補筆頭の奈良高専Aとの対戦。防御型ロボットの腕をへし折られながらも、近接ロボットが善戦。ほんの数秒の差で勝利を逃しました。頭脳的な試合はこびでしたが、奈良高専Aのパワーに屈しました。しかしながら、本陣をよじ登るという奇想天外のアイデアとそれを実現する技術力の高さが評価され、アイデア賞を受賞しました。奈良高専Aは、その後も順調に勝ち進み、優勝。全国大会に出場します。

本校Bチームのロボット名は「とりおん」。3種の鳥がモチーフです。1台目は近距離攻撃型。操縦者はペンギンの「ぺん太」。2台目は、機関銃のような連続発射機構をもつ遠近両用型。操縦者はフクロウの「ふく郎」。3台目は、大量の矢を一気に放つ遠距離型。操縦者はツバメの「つば助」。1回戦は、やはり優勝候補の奈良高専B。「ふく郎」が必死に防御する間に、「ぺん太」が本陣に突進。激しい激突で、一時、試合が中断されるも、冷静に対応し、終了時間ぎりぎりでの逆転勝利。2年生・3年生中心の若いチームが優勝候補の一角を崩す大金星。2回戦は、今大会のダークホース舞鶴高専A。シンプルな機構のロボットですがスピードが持ち味。「ぺん太」が相手本陣を攻撃する間、「ふく郎」が相手ロボット2台を本陣前で必死で防御するも、相手の速い動きを防ぎきれずに本陣を制圧されてしまいました。舞鶴高専Aは準決勝で神戸高専Bに敗れましたが、そのスピードと機動力が評価され、審査員推薦での全国大会出場を勝ち取りました。

本校両チームの敗因は、私自身がロボコンを30年も見てきたにもかかわらず、大会のテーマ「忍法帳」に惑わされ、パワーとスピードの勝負になるという試合展開を予想しきれなかったことにあります。また、2年連続全国大会ベスト4というおごりがあったのかもしれません。指導者としての力不足を痛感するとともに、連日深夜まで頑張ってきた学生たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

4年生部員は、これで引退になりますが、3年生以下の部員54名は、先輩達が果たし得なかった全国大会優勝の悲願を引き継ぎ、活動を開始しました。来年4月のルール発表まで、各部員の技術力向上に取り組んでいきたいと思います。どうぞみなさまのお力添えとご支援をお願いいたします。また、学生が運営しているロボット工学研究部のホームページでも、最新情報を更新していく予定です。そちらもご覧いただきますようお願いいたします。

明石高専ロボコン後援会に多くのみなさまからご支援をいただきました。ありがとうございました。備品・消耗品の購入の他、技術力の向上、チームワーク力の向上のために使用させていただいております。今後ともご支援のほど、よろしくお願いいたします。

なお、大会のテレビ放送予定は次の通りです。是非ご覧ください。
「高専ロボコン(近畿地区大会)」 NHK総合(関西地区)
平成29年11月23日(木・祝)10:05~

(文:ロボコンプロジェクトリーダー・ロボット工学研究部代表顧問 森下智博)

明石高専ロボット工学研究部ホームページ
http://akashiroboken.main.jp