明石高専

平成29年度 制御キャンプが閉講しました

8月21日(月)に開講したオムロン株式会社・国立高等専門学校機構による共同教育プロジェクトのひとつである、制御技術教育キャンプが8月25日(金)に成果発表会と閉講式を迎えました。実質的に数日しか作業時間がない中、参加学生はオムロンの制御機器やセンサを使いこなして課題を解決しようと、毎日真剣に取り組みました。このキャンプを通じて、社会で活躍するためには、技術的な知識・能力だけでなく、協調性、計画性、コミュニケーション能力なども非常に重要であることを体感できたと思います。

成果発表会では、アヒルがどの方向を向いていても同じ方向を向かせて飛ばす、共振現象を利用して飛ばすなど、各班が独自のアプローチでアヒルを飛ばしていました。閉講式では国立高等専門学校機構 紀理事、オムロン株式会社の方々から講評を頂いた後、参加学生に修了証書が手渡されました。

参加学生達がこの制御キャンプで修得したことが今後の高専生活と社会で大いに役立つことと期待しています。