明石高専

建築学科トップバー

信田あずさ氏(36期)

プロフィール

信田あずさ(のぶた・あずさ)
1985年 姫路市生まれ
2006年 国立明石工業高等専門学校建築学科卒業
2006年 須賀工業株式会社に入社
会社HP:http://www.suga-kogyo.co.jp/

インタビュー

■現在の仕事について
須賀工業株式会社で、設計部に所属し設備設計業務を行っています。
子供が2人おり、仕事と育児を両立しながら働いています。
周囲の理解もあり、とても働きやすい環境です。

■高専を選んだ理由
建築に興味があったのと、入学してすぐ専門知識を学べるのと、
大学受験を気にすることなく勉強できることが良いと思い、高専を選びました。

■高専で学んだこと
建築に関する知識。わからないことを自分で調べ・吸収する力。

■在学中の思い出
高専祭・球技大会・研修旅行(オーストラリア)・平石ゼミの畑

■現在の高専生に一言
建築設備の仕事に携わって約11年が経ちますが、まだまだ知らないことだらけで日々勉強しています。
自身で設計した建物が無事に竣工することはとてもやりがいがあり、達成感があります。
高専で勉強した建築の知識も役立っていると思います。
また、学校で教わる建築の知識はごく一部だということもよくわかりました。
やはり、実際に自分の目で見て感じることは、教科書で見るよりはるかに勉強になります。
建築設備に関して、学校では深くは学ばないのであまりイメージがしにくいかもしれませんが、
建物にとって設備はなくてはならない存在であり、快適な空間を作っていくことはとても重要な仕事です。
今後、建築を学んでいく学生が少しでも設備に興味をもってくれたらうれしいです。